病院へ

4月に入りもう月末近くになりました。
早いですねー…。
仕事関係、中止や延期の案内来ておりました。
もう延期より中止が早い。いつ終息するかわかりませんからねぇ…。
いつも朝早く軽トラで出かける近所のご主人さん。
最近ずっと軽トラ動く気配なし。
う~ん、業務命令による自宅待機かなぁ…。


えらく久々にお袋病院へ行ってきました。
病院内歩くのがしんどくてついに車椅子。




人はいつもの1/3くらいの少なさでした。


高齢の方は怖くて病院入れないという方聞きますね。
たしかに感染リスクは低くはないかと思います。














夜中の3時半…眠れないww




大阪のサントラ専門店にて購入。
◯グレートハンティング2
◯セントエルモスファイア
◯ジョン&パンチ
◯ポルターガイスト2




たくさんのチラシもおまけでいただきました^_^






pen+はよかったねぇ。
スポンサーサイト



SF 世界名作18 合成人間

40年越しでまだ読みたかった本が入手できました。
1967年 岩崎書店刊行 合成人間。

実はこの本、このあとSF子供図書館からまた刊行されるんですが、題目が「合成人間ビルケ」となり黄色帯色になります。 
私が小学生3年の時に教室の本棚にあった本で、当時はマジンガーZなどいわゆるヒーローロボットが主流の中、半生命体、合成人間という生々しい響きが私にとってインパクトありました。
キャプテンフューチャーのオットーとか。
当時はアンドロイドという言葉さえしらないし、
小学生の時にエイリアンのアッシュ見て衝撃ありましたね…。あれも合成人間なんでしょうね。
故・井上洋介さんが描く表紙絵はすごく、大好きでした。

最初の1枚目、攻めてます…。
カラー挿絵からして、小学生の私にはゾクゾクしました。
改造人間というか、本郷猛があの手術台に乗せられている風景を思い浮かべました(笑

のちに「生きている首」と題目を変え、刊行されてますが、絵柄がアニメっぽくなって今風のタッチになってます。
原作のベリヤーエフ氏の「生きている首」は現在でも入手可能だそうですよ。

スクリーン アーカイブズ

こちらはスクリーンの過去の記事や写真をまとめた再編集特別本。
現在IMAX上映しているブレードランナーに合わせての刊行でしょうか。
東京の数カ所の劇場でしか販売されてない本なんですが、通販でも販売していたので助かりましたww

裏表紙。


そして、ブレードランナーでロイを演じたルトガーハウアー氏のリプリントサインも同時に購入。

ブレードランナーの設定の年2019年の今年に死去されたのは何か運命めいたものだったのでしょうか…。
安らかに…。

ようかいでるでるばあ‼️

買いました^_^





あまり中身は見せられませんが、日野ワールド炸裂で絵本としてはいろんな意味でハードルが高いww
お子さんは絶対怖がるかな~?
地獄絵本以来の迫力です^ ^
プロフィール

ぽんこ

Author:ぽんこ
Yahoo!ブログより引っ越ししてきました。
映画・SF/猫・コレクション・日常など雑記記事でございます。。
よろしくお願いいたします。

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ぽんだらけ
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる